ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーと抗酸化物質

人は生きるために呼吸により酸素を体内に取り入れています。取り入れた酸素の一部は酸化し、活性酸素となり細菌を撃退します。しかし活性酸素が増えすぎると体内を酸化させ、病気や老化の原因となります。これを防止する抗酸化物質がローヤルゼリ—に含まれています。

1.抗酸化とは?


人間の呼吸から取り込む酸素は、栄養素と結びつきエネルギーとして使用されます。しかし使用されず余った酸素は体内で酸化し活性酸素となり、糖尿病などの生活習慣病や肝機能の低下、老化をひき起します。酸化とは体の中が錆び付く状態で、これを抑えることが抗酸化です。

(1)活性酸素とは?
活性酸素は強力な酸化力を持ち、体内の細菌と戦い、病気から体を守る役割を果たします。活性酸素は酵素を活性化させ、体の機能を正常に保つ働きがあります。呼吸から取り込んだ酸素のうち約2%が活性酸素になると考えられています。

(2)増えすぎると老化の原因となる活性酸素
活性酸素は人の健康維持に不可欠ですが、増えすぎると有害物質となり、体の内側を錆びさせ細胞を老化させます。老化は内臓などの組織を衰えさせ、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病や、シワやシミ、たるみなど肌のトラブルをひき起します。

(3)活性酸素が増える原因となるもの
活性酸素は激しい運動、ストレス、紫外線、喫煙、生活習慣の乱れ、食品添加物の多い食事などにより増えます。

2.ローヤルゼリーに含まれる抗酸化物質


(1)ペプチド
ローヤルゼリーにはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は胃や腸で消化、分解され、アミノ酸やペプチドになり吸収されます。ペプチドは研究により、強い抗酸化作用があることが明らかになっています。
ローヤルゼリーから生成されたペプチドは活性酸素の害から細胞を守り、細胞死を防ぐことが確認され、老化を防止し、動脈硬化や心臓病などから体を守る働きが期待されます。ペプチドの抗酸化作用については現在も全解明のための研究が進められています。

(2)ビオプテリン
ビオプテリンは酵素の働きを助ける補酵素のひとつで抗酸化作用があります。ビオプテリンはデセン酸と同じくローヤルゼリーにのみ含まれている特有成分で活性酸素を除去し、アンチエイジング効果が期待できます。

(3)デセン酸
ローヤルゼリーの特有成分のデセン酸は活性酸素を抑える強い抗酸化作用を持った物質です。デセン酸は老化防止のほかにもホルモンバランスの調整力に優れた効果を発揮します。

(4)アミノ酸
ローヤルゼリーは必須アミノ酸9種類と非必須アミノ酸15種類を含んでいます。中でも必須アミノ酸のヒスチジン、トリプトファン、メチオニンは活性酸素の除去に働きます。またグルタミン酸、シスチン、グリシンの3つのアミノ酸から作られるグルタチオンは抗酸化物質のトリペプチドです。
アミノ酸が不足すると、活性酸素の除去がうまく進まず、老化を進行させてしまう結果にもなりかねません。その点、ローヤルゼリーは豊富なアミノ酸がバランス良く含まれた理想的な栄養補助食品といえます。

3.ローヤルゼリーの抗酸化物質で老化を防止


複数の抗酸化物質を含むローヤルゼリーは活性酸素を減らし、生活習慣病や老化を防止し、アンチエイジング効果を高める働きがあります。活性酸素を増やさないように食生活や生活習慣を見直し、ローヤルゼリーを継続的に摂取して健康的な毎日を過ごしてみませんか?