ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーは自律神経の働きを整える

ローヤルゼリーは乱れてしまった自律神経の働きを整える効果があります。ここでは自律神経について、ローヤルゼリーが自律神経を整えることができる理由について説明します。

瞑想をするひとの写真

1.自律神経とは?バランスが崩れるとどうなる?

自律神経とは身体の臓器や組織の働きをコントロールする神経群です。交感神経と副交感神経の二種類があります。 活動している時には交感神経、リラックスしている時には副交感神経が活発になることで、互いに身体の機能を調節しているのです。
過度なストレスは交感神経を興奮させ続け、心身に不調をきたします。現代社会に生きる私たちは多くのストレスにさらされているため、知らず知らずのうちに自律神経のバランスが崩れているケースが少なくありません。 自律神経のバランスが崩れると、慢性的なだるさや頭痛、動悸や気分の落ち込みなどの不調が現れます。

2.自律神経を整えるのに効果的なローヤルゼリーの成分

2-1.デセン酸
ローヤルゼリーの特有成分・デセン酸は、ホルモンバランスを整えて自律神経を正常化する働きがあります。 ホルモンバランスも自律神経も視床下部(間脳の一部)で制御されています。そのためホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れに直結するのです。
デセン酸は女性ホルモン・エストロゲンの不足を補ってホルモンバランスを正し、同時に自律神経も整えてくれます。 とくに40代以降の女性はエストロゲンが不足しやすいので、ローヤルゼリーの摂取をおすすめします。

2-2.ビタミンB群
ローヤルゼリーにはビタミンB群が豊富です。特筆すべきはビタミンB1とビタミンB6でしょう。 ビタミンB1は神経の働きを正常に維持する働きがあり、ビタミンB6は神経伝達物質の合成をサポートします。
複数の種類のビタミンB群を摂取すると、単独でビタミンB1やビタミンB6を摂るよりも効率よく働いてくれます。 ローヤルゼリーにはビタミンB群に分類される全8種類のビタミンがすべて含まれているので、ビタミンB群の補給には最適といえるでしょう。

2-3.カルシウム
カルシウムは神経伝達物質の放出にも必要なミネラルで、神経の興奮を抑える働きも担っています。
ローヤルゼリーはカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を高めるマグネシウムも同時に摂取できる食品です。 ストレスで神経が過敏になっている方は、ぜひローヤルゼリーでカルシウムを補ってください。

2-4.必須アミノ酸
ローヤルゼリーは、人間が外部から取り込まなければならない必須アミノ酸9種類をすべて含んでいます。 必須アミノ酸のうち、「フェニルアラニン」や「トリプトファン」は神経伝達物質の合成を助け、神経伝達物質の材料となります。 また「バリン」には神経に働きかけて活性化する働きがあります。
ローヤルゼリーなら、神経系を維持するのに不可欠なアミノ酸を摂取できるのです。

3.ローヤルゼリーと合わせて摂りたいビタミンC

自律神経を整えるには、まず自律神経を乱す原因となっているストレスに対抗しなければなりません。 ス トレスに抵抗するためのホルモン「コルチゾール」の合成にはビタミンCが必要です。しかし残念ながらローヤルゼリーにはビタミンCが含まれていません。
ローヤルゼリーと一緒に、ビタミンCを多く含む緑黄色野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。とはいえ、食事のタイミングや内容を自分だけでは決められないことも多いですよね。 ローヤルゼリーとビタミンCが同時に配合されたサプリメントも市販されています。いつでもどこでも摂取できるサプリメントでローヤルゼリーとビタミンCを補給してみてはいかがでしょうか。

◆おすすめ記事◆