ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーとマヌカハニーの関連性

ローヤルゼリーとマヌカハニーは同じミツバチによって作られます。このふたつはどのような関連性と違いがあるのでしょうか。その効果や成分の違いを知り、自分のニーズにより近い方を選びたいものです。


1. ローヤルゼリーとマヌカハニーとは?


(1)ローヤルゼリー
ローヤルゼリーは若いミツバチの働きバチが体内で花粉を分解、合成し、下咽頭腺から分泌した物質で、女王バチ候補の幼虫がいる普通の巣房よりも大きな王台と呼ばれる巣房に蓄えられます。ローヤルゼリーを食べるのは女王バチと生後3日目までの幼虫だけで、働きバチはハチミツを食べます。

女王バチはその生涯にわたりローヤルゼリーを食べ続けることにより、働きバチの2〜3倍の体の大きさと20〜40倍の寿命の長さ、日に1500個以上の産卵能力を備えることができます。

(2)マヌカハニー
マヌカハニーはニュージーランドに自生するフトモモ科のマヌカという木の花の蜜から作られるハチミツです。マヌカはニュージーランドの先住民であるマオリ族がその葉や樹皮を薬用に使用してきた歴史があります。
ハチミツの生産が始まる様になった当初は、マヌカハニーは品質の良くないものとして扱われていましたが、後にその特別な効力が知れ渡るようになり、2006年にマヌカハニーの抗菌活性が科学的に認められるようになりました。


2. ローヤルゼリーとマヌカハニーの関連性とは?


ローヤルゼリーとマヌカハニーは全く違うものですが、次のような関連性があります。

・ミツバチにより作られる

・天然由来成分で安全性が確認されている

・栄養価の高い健康食品

・特有の成分を含有する

・希少性が高い


3. ローヤルゼリーとマヌカハニーの特徴と効果


(1)ローヤルゼリーの成分
・タンパク質(アピシンを含む)
・アミノ酸(必須アミノ酸9種類、非必須アミノ酸15種類)
・ビタミン(ビタミンB群、ビタミン様作用物質イノシトール)
・ミネラル(カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、銅、亜鉛、マンガン、鉄)
・糖質(ブドウ糖、果糖、ショ糖、オリゴ糖)
・デセン酸、ビオプテリン、類パロチン
・水分

(2)ローヤルゼリーの効果
ローヤルゼリーの効果は、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の改善、血圧の安定、癌の予防、更年期障害の諸症状の改善、自律神経失調症の改善、冷え性、肩こりの改善、免疫力向上、うつの予防、アンチエイジング、美肌、育毛などがあります。

(3)マヌカハニーの成分
・糖質(ブドウ糖、果糖、オリゴ糖)
・ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK)
・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、ナトリウム、マンガン、カリウム)
・ アミノ酸、クエン酸、グルコン酸
・ポリフェノール
・ビーポレン、グルコースオキシダーゼ酵素など
・水分

(4)マヌカハニーの効果
マヌカハニーの効果は殺菌、抗菌効果(ピロリ菌、ブドウ球菌、風邪ウイルス、虫歯菌)、慢性胃炎、胃潰瘍の改善、整腸作用、腸内環境の改善、口内炎、歯肉炎の改善、アトピー性皮膚炎の改善、火傷、外傷の改善、花粉症の予防、糖尿病の予防、癌の予防、コレステロール値の低下、アンチエイジング、美肌などがあります。


4. ローヤルゼリーとマヌカハニーの選び方の基準


(1)ローヤルゼリーの選び方
ローヤルゼリーは特有成分のデセン酸の含有量により品質が決定されます。購入時には必ずデセン酸含有量を確かめましょう。中には合成したデセン酸を添加している商品もあるので、成分表示も同時に確認が必要です。

(2)マヌカハニーの選び方
マヌカハニーは殺菌作用のあるメチルグリオキサールの含有量を示すMGO、または殺菌成分を医療用の消毒溶液と比較して数値で示したUMFの基準値が示されてあるものを選ぶと良いでしょう。これらの数値が表示されていないものは、その効果がほとんど期待できないと考えられます。

尚、メチルグリオキサールとはブドウ糖の変化したもので、ブドウ糖が分解されエネルギーとして使われる代謝サイクルから作られます。
ローヤルゼリーとマヌカハニーは関連性がある一方で、その違いも大きいです。これからどちらかを試してみたいとお考えの方は、それぞれの成分や効果の違いから自分のニーズにより近い方を選ぶと良いでしょう。