ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーで気力の向上

病気でもないのに何かをする気になれない、精神的に疲れが溜まっているという経験はありませんか? 十分な休養を取ってもまだやる気が出ず、サプリメントの服用を検討しているという方もいると思います。健康食品として根強い人気を誇るローヤルセリーには肉体疲労だけでなく、精神的な疲労を回復し気力を向上させる働きがあります。

1.ローヤルゼリーの気力を向上させる成分


脳内物質のひとつにセロトニンというホルモンがあります。セロトニンは精神を安定させる働きがあり、不足すると気分が沈み、うつや不眠症、不安、気力減退などの原因になります。逆にセロトニンが増えると、物事に対する意欲や気力が向上し、やる気も出てきます。

(1)トリプトファン
ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸のひとつ、トリプトファンはセロトニンを作る材料になります。セロトニンを作るためにはトリプトファンのほかにビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムが必要になりますが、ローヤルゼリーはそれらの成分をすべて含みます。

(2)ビタミンB群
ビタミンB群は肉体疲労だけでなく、精神疲労の回復にも効果があります。特にビタミンB1が不足するとセロトニンの代謝がうまくいかず、セロトニンが減り気力が減退します。

(3)デセン酸
デセン酸とは10-ヒドロキシ-2-デセン酸のことで、ローヤルゼリーの特有成分です。デセン酸の含有量によりローヤルゼリーの品質が決まります。デセン酸はホルモンバランスを整え、自律神経を安定させる効果があります。自律神経が安定すると精神が落ち着き、気力の向上に繋がります。デセン酸はまた女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、更年期障害の気力の低下を改善する効果もあります。

(4)アセチルコリン
アセチルコリンはドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンなどと同じく、興奮性の神経伝達物質のひとつで、記憶、思考、集中力、睡眠などに関与し、自律神経の安定に作用します。デセン酸と同様に、更年期障害の改善、および気力の向上にも効果が期待されます。

(5)カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラル類
カルシウムは精神を安定させる働きがあり、鉄は心身の疲労を回復させます。マグネシウムはビタミンDと共にカルシウムの吸収を助けます。バランスの取れたミネラル類の摂取は精神の安定と気力の向上に必要です。ローヤルゼリーはミネラル類を豊富に含みます。

2.気力を高める食べ物とローヤルゼリーの摂取


気力を高める食べ物は、タンパク質とビタミンB群を含む肉、魚、大豆製品、卵など、カルシウムやマグネシウムを多く含む緑黄色野菜、海草類、ナッツ類などです。ローヤルゼリーはタンパク質をはじめ、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラル類を豊富にバランスよく含むので、食事から不足した栄養素を補う目的でも効果があります。

ローヤルゼリーは食品ですので、ある程度、継続して服用すると効果的です。生タイプ、乾燥タイプ、調整タイプなど、用途に合ったタイプを選ぶことができます。ドリンク剤に添加されているものもありますので、気力が低下していると感じる時、 是非一度お試しください。