ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーの精神安定に効く成分

疲労回復や滋養強壮に有効なローヤルゼリーは肉体だけでなく精神の安定にも効果があります。ストレスが溜まる生活を続けていると、うつや精神不安になりやすいといわれています。心身の健康を保つため、ローヤルゼリーはその助けになる栄養補助食品です。

ローヤルゼリーの精神安定に効く成分


ローヤルゼリーに含まれているビタミンB群と、アセチルコリンという成分は精神を安定させる効果があります。

1.バランスの良い摂取で効果的なビタミンB群

ローヤルゼリーはビタミンB群としてビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンを含みます。

ビタミンB群は複合体として有効に働きますので、どれかひとつだけを過剰に摂取してもうまく働きません。ビタミンB群を全体にバランス良く摂取することが大切です。この点でビタミンB群すべてを含むローヤルゼリーは優れた効果が期待できます。

ビタミンB群が不足すると精神の安定に影響を与え、精神疾患であるうつ、自律神経失調症、精神不安定、総合失調症、無気力、虚脱感、健忘症、不眠などの原因となります。

ビタミンB群のそれぞれの働きは次の通りです。

(1)ビタミンB1
脳内の中枢神経系に働き、ストレスを緩和する働きがあります。

(2)ビタミンB6
脳内のセロトニンという物質の産生に関与します。セロトニンは感情を操作する働きがあり、良い眠りへと導き精神の安定に働きます。

(3)ビタミンB12
集中力や記憶力を高め、イライラを鎮め、精神を安定させる働きがあります。

(4)葉酸
ビタミンB12と共にセロトニンの合成に必要な物質で、気分を安定させ、神経の働きを整えます。

(5)ナイアシン
元はビタミンB3とされてきた物質で、不足するとうつ病、総合失調症、情緒不安定など、神経系疾患の症状が出る可能性があります。ナイアシンは緊張を緩和する必須アミノ酸のトリプトファンを増やします。

(6)パントテン酸
副腎皮質ホルモンの働きを高め、ストレスに強くなるように働きます。

(7)ビオチン
疲労を回復し、うつや無気力を改善、緊張の緩和に働きます。


2.アセチルコリンにもリラックス効果が

ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンは神経伝達物質のひとつで副交感神経を刺激し、自律神経を安定させる働きがあります。アセチルコリンが不足することにより、睡眠の質が悪くなり、集中力も落ちてきます。アセチルコリンは緊張を緩和し、精神のリラックスに関わる物質です。アセチルコリンはレシチンの主成分であるコリンと酵素、ブドウ糖により体内で生成され、ビタミンB群もその生成をサポートします。

ストレスを軽減し、精神安定に効果のあるローヤルゼリー


ローヤルゼリーはストレスをやわらげるビタミンB群などを含み、自律神経を安定させます。

自律神経の安定はうつや総合失調症を防止し、イライラを解消、精神を安定させる効果を高めます。ローヤルゼリーは総合的に数多くの栄養成分をバランス良く含み、継続して摂取すると心身共に健康を維持することが可能となります。

ローヤルゼリー摂取の注意点


すでに精神安定のための処方薬を服用している方は、ローヤルゼリーの摂取についての自己判断は避け、かかりつけの医師に相談してから決めるようにしましょう 。