ローヤルゼリーの効果・成分を徹底分析

このサイトではローヤルゼリーの効果と成分について解説しています

メインイメージ
画像
おすすめランキング
おすすめのアイテムを口コミと体験談からランキングしてみました!
画像
【はにこ】の自己紹介
当サイト管理人【はにこ】の健康食品経歴紹介ページです。
画像
コレは最高におすすめ
これは最高に効きました!
迷ったらコレで間違いなし!

ローヤルゼリーで女性ホルモンを整える

ローヤルゼリーには女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれ、ホルモンの乱れを改善する効果があります。女性ホルモンは特に更年期の頃に乱れやすくなり、ローヤルゼリーで早めの対策を立てることが望まれます。

1.女性ホルモンの種類


女性ホルモンは生理や妊娠、出産に深く関係したホルモンで、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があります。これらのホルモンは脳の視床下部と下垂体でその分泌が調整されています。
ローヤルゼリーはエストロゲンに似た働きをすることで、女性ホルモンのバランスを整えることができます。


(1)女性ホルモンの働き
aエストロゲンの働き
エストロゲンは排卵の前に最も多く分泌され、子宮内膜を厚くし受精に備えます。 エストロゲンの分泌が多い時期を卵胞期と呼び、心身共に落ち着いた時期となります。エストロゲンは肌や髪の毛を艶やかにし、女性特有の丸みのある体つきにします。また骨の健康にも貢献し、自律神経を整えます。

bプロゲステロンの働き
プロゲステロンは排卵後から分泌が盛んになります。プロゲステロンの分泌が多い時期は黄体期と呼び、落ち着きがなく不安定な精神状態になりやすく、肌荒れや月経前症候群が起きることがあります。プロゲステロンは受精卵の着床に備えて子宮内膜を整え、妊娠の継続を補助します。プロゲステロンは血糖値を安定させ、ホルモンのバランスを整え体温を上げ、乳腺の発達にも関与します。

(2)ホルモンバランスが崩れる理由
女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、バランスをうまく取ることにより心身の健康を守っています。しかしエストロゲンは加齢により卵巣機能が低下するに伴い、その分泌が減少します。エストロゲンの分泌をコントロールする視床下部は、自律神経を司っている部位でもあるので、卵巣が反応しないと自律神経も乱れます。その結果、更年期障害の諸症状であるほてり、のぼせ、肩こり、頭痛などが現れます。

加齢以外でも無理なダイエット、ストレス、睡眠不足、不規則な生活などでホルモンバランスは崩れやすくなります。

2.ローヤルゼリーの女性ホルモンを整えるふたつの成分

(1)デセン酸
デセン酸は正式な名前は10-ヒドロキシ-2-デセン酸で、脂質に属する脂肪酸の一種です。自然界においてデセン酸を含有しているのはローヤルゼリーだけという貴重な成分です。このため、デセン酸を多く含むローヤルゼリーほど高品質とされています。

デセン酸については現在も研究が進められていますが、体内に入るとエストロゲンに似た働きがあることがすでに確認されています。ローヤルゼリーを摂取することによりエストロゲンの減少による更年期障害の諸症状を緩和し、ホルモンバランスを整える効果があります。

(2)アセチルコリン
アセチルコリンは神経細胞同士を繋ぐシナプスと呼ばれるつなぎ目で情報の受け渡しをする神経伝達物質のひとつで、ビタミンBと酢酸が結びついた物質です。
アセチルコリンは自律神経の安定に関与しホルモンバランスを整え、更年期障害の改善にも効果が期待される物質です。アセチルコリンは少量ですが、体内でも作られます。

3.女性に嬉しいローヤルゼリーの効果


ローヤルゼリーは完全な自然食品で栄養補助や滋養強壮、更年期障害の改善と女性ホルモンの調整などの目的で安心して摂取できます。薬品ではないため、継続して摂取することにより、その効果を実感できるようになります。ストレスや疲労が重なっている人、更年期にさしかかる人には特におすすめです。飲みやすいサプリメントタイプのローヤルゼリーも販売されていますので是非一度試してみてください。